肌がきれいな女性たち
  • ホーム
  • アトピー赤ちゃんの治療方法

アトピー赤ちゃんの治療方法

肌がきれいになるので、満足する女性

赤ちゃんでもアトピーになることはありますから、親の側がきちんと肌状態も確認してあげないといけません。
赤ちゃんの肌はまだまだ発達している途中ですし、皮膚も大人に比べればとても薄くバリア機能も育っていないのでかなり弱いです。
それに、新陳代謝が活発で汗もかきやすいですが、毛穴の成長が追いつかないため詰まりやすく湿疹などもできやすいです。
アトピーかどうかきちんと見極めて、スキンケアも行いながら治療をしていく事になります。

日々のスキンケアでも、不要な汚れを落として清潔な肌にしてから保湿をしたり、皮膚科に行ったのであればもらった塗り薬を塗っていく事で効果が出ます。
まずお風呂に入れてあげたら手できちんと席巻をあわ立てて手で優しく洗ってあげましょう。
タオルなどの摩擦は刺激になりますし、湯温についても40度以下の温めを心がけましょう。
体も洗えたらすすぎ残しがないように首周りなども綺麗にしてあげて下さい。
体を拭く時もこするのではなく優しく水分を取るイメージで行うといいでしょう。

綺麗な体にした状態で保湿剤も塗ってあげますが、これは1日何度でも大丈夫です。
保湿剤はヒルドイドが処方されることが多いでしょう。
ちなみにヒルドイドが買える通販サイトもあるため、手軽に入手することも出来ます。
軟膏などもらった薬であれば医師の指示通りに使うようにしましょう。
スキンケアの一環として、バリア機能が低下している状態の赤ちゃんの肌にはなるべく肌触りのいい衣類を使ってあげるといいでしょう。
化繊やウールなどを利用する場合には、肌着を着せてから直接肌に触れないようにするなど工夫をしてみて下さい。
赤ちゃんの肌の状態はお母さんやお父さんなど周囲の人がみて上げないとケアも上手に出来ません。
もしもアトピーになったら、薬も使いながらスキンケアをこまめにしてあげて治療に努めましょう。

サイト内検索
人気記事一覧
アーカイブ